前へ
次へ

漢字に馴染みある日本人に中国語学習は有利

英語を学ぶよりもずっとハードルが高そうな中国語ですが、実際に学習をしてみるとそんなことはないことに気が付きます。それは日本人が普段から、当たり前のように漢字を使っているからです。細かいことを言えば繁体字や簡体字なんかの違いはあるにしても、主に中国語で扱うのは漢字ですから、日本人にとって馴染みがあります。つまり学習をするにしても、漢字に不慣れな欧米人たちよりも日本人のほうがずっと有利です。いつも見慣れていて読み書きもできる漢字ですが、アメリカ人やイギリス人にフランス人などは漢字を普段から使いません。日常生活を送る上でも、感じなどはなくても生活をしていくことができるためです。でも中国のことを学び言葉もマスターしようとなったとき、もしかしたら今まで1回も使ったことのない漢字を、本当にいちから覚えなくてはなりません。ノートにびっちりとあらゆる漢字を書いてはインプットとアウトプットを繰り返す中で、かなり道のりは長くなりますが、日本人の場合はそのステップを楽に終わっています。もちろん知らない漢字はあるにしても、生活をして学校へ行ったり仕事をしたりするうえで使う、一般的な漢字はほとんどの人にとって読むことも書くこともできるので問題はありません。そう考えてみても、日本人はとても恵まれている環境です。中国の言語の言葉を自分のものにできれば、海外へ行っても困ることにはなりません。海外へ移住をしてみると、多くの場合は自然にどうしても母国の人とつながりを求めますし、集まるようになりますが、それはどの国でも同じです。たくさんの国がありますが、多くの国には都市部にチャイナタウンがあります。チャイナタウンにはたくさんの中国人がいて、中国人同士ですから言葉は英語ではなく中国語を使うのが一般的です。そんなチャイナタウンへ足を運んだ時にも、学習をして言葉を習得しておくことで、スムーズなコミュニケーションをとることができます。

マグネット専門メーカー【東京フェライト製造】

もう書類整理で悩まない!

安全・スピーディーなデータ入力
高セキュリティ環境下で即対応!

東京 デザイン制作

Page Top